平成28年度ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業(ZEH)において
ホームアシストはZEHビルダーに認定されました
ホームアシストでは2020年までに全体棟数の50%でZEH仕様の実現を目指します!


ZEH申請受付中です!

   

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは?

➤年間の一次エネルギー消費量が概ねゼロになる未来基準の住宅

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、1年間のエネルギー消費量が正味(ネット)でゼロである住宅のことです。 つまり、消費しているエネルギー量と太陽光発電などによって創り出されたエネルギー量の差が、おおむね0、または0以下になるという意味です。 これは、住まいの断熱性能・省エネ性能を上げること、太陽光発電などでエネルギーを創ることにより、年間の一次消費エネルギー量の収支をゼロ以下にして実現します。 日本の政府は、「2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指す」と掲げています。

ZEH基準をクリアする、ホームアシストの創エネ・省エネ・断熱

➤太陽光発電でクリーンなエネルギーを創り出す「創エネ」

スマートハウス対応型太陽光発電システム

住宅における創エネの代表が太陽光発電です。 ゼロエネルギーハウスを実現するためには、エネルギーを創り出すという項目の中心を担う太陽光発電システムは、欠かすことのできないものとなります。
ホームアシストでは、「HEMS」「蓄電池」の拡張を前提とした、スマートハウス対応型の太陽光発電システムをご提案。
太陽光発電状況やご家庭の電力消費量を確認できるクラウド型HEMSと、 電気料金節約とピークカットに貢献する蓄電システム、 そして住宅用太陽光発電システムとの組み合わせでエネルギーを効率的に利用することができ、 太陽光発電ライフをより豊かにするハイブリッドスマートハウスを実現します。


世界基準の品質と保証で、最高ランクの太陽光パネル

採用している太陽光パネルは、5本バスバー採用、PERCセル採用の、高効率・高出力モジュールです。 世界基準の品質と保証で、最高ランクの信頼と安心をお約束します。

➤無駄なエネルギー消費を抑え、賢く省エネ

エネルギーを創り、蓄えても、エネルギーのロスが多い設計ではゼロエネルギーを達成することはできません。 そこで、エネルギーのロスを最小限に抑える工夫が必要となります。 省エネ性能を高めながら快適な暮らしを実現できる住宅です。

高効率な住宅設備で省エネをお手伝い

エネルギーを無駄に使わないよう、高効率な住まいの設備が、賢く省エネをお手伝い。 省エネ性能に優れた「高効率エアコン」、消費するエネルギー効率に優れた「高効率給湯器」、 消費電力を大きく削減する「全室LED照明」など、 エネルギーの無駄を抑え省エネを促進、エコと快適の両立した空間を実現します。


HEMSで家中の電気を「見える化」。一目で無駄がわかります

HEMSとは「HomeEnergyManagementSystem(ホームエネルギーマネジメントシステム)」の略で、 家庭で使うエネルギーを「見える化」したり、家電機器を「自動制御」する、管理システムです。
ZEHには、創エネ・省エネ・畜エネをかしこく制御するために、このHEMSが欠かせない設備となります。
消費電力を「見える化」すると節電意識が高まり、無駄を見つけて待機電力を消す等の改善がなされ、 一般的に10%程度(電気代に換算すると年間約11,700円)の削減効果があると言われています。

➤エネルギーを極力使わず「夏は涼しく、冬は暖かい」を実現。

繊維系断熱材より高い断熱性・気密性を誇る発泡ウレタン吹き付け断熱

省エネ性能を高めることの基本は、住宅を高断熱・高気密の構造にすることです。 屋内から屋外へ逃げる熱量を最小限に抑え、エネルギーのロスを少なくします。
ホームアシストでは、発泡ウレタン吹き付け断熱を断熱材として使用。 住宅の隅から隅まで家全体をすっぽり覆ってしまう現場吹き付け発泡による断熱で、高い断熱効果を保持します。
冷暖房の熱ロスをなくし、旧省エネの2倍以上の省エネを実現します。


先進のテクノロジーで、高い断熱性能を実現した「高断熱サッシ」

住まいの「断熱」を考えるには、家の中で最も熱の出入りが多い“窓の断熱性能”を高めることが、快適で健康な暮らしを実現するための大切なポイントとなります。高断熱サッシ「サーモスL」は優れた断熱性能で、暖房時の熱の流出、冷房時の熱の侵入を抑制し、暖冷房の効率を高めます。
電気の使用量を減らすことで暖冷房費やCO2排出量を大幅に低減します。

ZEH普及目標・実績報告