1年点検

こんにちは、アフター担当の小野です。

 

先日、お引渡しから1年経過したお客様のお宅に、

1年点検にお伺いさせていただきました。

 

 

チェックシートに基づいて各項目点検していきます。

基礎の状況や、屋根・外壁の状況、

床や壁のきしみや歪み、電気・水道の不具合、仕上げ材の状況、などなど。

 

今回のお客様のお宅もそうでしたが、

1年点検で多いのは、やはりクロスの継ぎ目の隙間やひび割れです。

 

 

木造住宅の場合、新築してから1~2年は、

木の収縮などの影響により、

いちばん構造材が動く時期と言われています。

木が膨張したり収縮したりすることにより、

下地材のプラスターボードを引っ張たり、圧縮したりします。

その結果、ボードの継ぎ目のクロスにシワが寄ったり、

隙間ができたりしてしまいます。

 

その為、クロスの不具合に関しては、

1年点検では目立つ箇所の補修程度にとどめ、

家の動きが落ち着いた頃の2年点検の際に、

酷い箇所の張替や補修にて対応させていただいております。

 

 

私たちホームアシストでは、

お引き渡し後の、1年、2年、5年、10年目にアフターメンテナンスとして、

定期点検を実施させていただいております。

住宅を建てて終わりではなく、

お引き渡し後も安心して暮らしていただけるよう全力でサポート致します!

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください