工事の流れ

ホームアシストのお家ができるまで。着工~お引渡しまですべてご説明いたします。

STEP1

地鎮祭

お施主様の今後の発展と工事の無事を祈願します。

地盤調査

地盤の環境を調査し、しっかりとした基礎づくりをします。

STEP2

やり方だし

地盤面の高さの基準と基礎の通りを決める作業です。

砕石・転圧

基礎が沈まないよう、砕石を敷き込み転圧を行って住宅基礎に地耐力を出します。

防湿シート

基礎の下から建物の中に湿気が上がらない様にするものです。

配筋組

TOP筋・主筋は16ミリ。ベース筋は200ピッチです。

配筋検査

第三者機関より、検査員の先生が来て配筋の検査を行います。

コンクリート打設

建築の基礎となるコンクリートを枠の中に流し込む作業。

ベタ基礎完了

荷重を平均的に地面に伝え、不同沈下を防止する基礎自体を一体化させたベタ基礎工法の完了です。

STEP3

基礎パッキン

換気システムを使用するため、外周は基礎と土台間に隙間をなくし気密性を上げます。内部は強固な樹脂製パッキンを使い、隙間をつくる事によって空気が動くようにします。

基礎断熱

足元の冷えを解消するため、地球環境にやさしいノンフロンの安全な高性能断熱材を使用し、床合板24㎜を敷いて土台の出来上がりです。

STEP4-1

柱たて

土台についているホールダウンに柱を差し込みピンで固定します。

2階床梁施工

構造計算に基づいて設計された柱や梁が1本1本組み立てられます。

ルーフィング

雨対策のため、ルーフィングを施工します。

筋交い・間柱

柱と柱の間に間柱を入れ、筋交いは二つ割でプレートを付けています。

STEP4-2

上棟祭

建築に関わる神様をお祀りし、工事の安全と建物の堅固長久を祈念します。

餅投げ

お家のお披露目の意味を込め皆様に見ていただき、餅投げを通して家内安全や事業繁栄を願います。

STEP4-3

外壁合板

構造用合板を使用。
地震に強く、より強固なお家にするための構造用合板です。

防水シート(タイベックシート)

建物内に雨水の侵入を防ぎます。

遮熱シート(ハウスラップ)

遮熱効果をはかります。

防蟻処理

大切なお家を長く安全に済んで頂くために防蟻薬剤を散布してます。10年の保証付きです。

中間検査

第3者機関より検査員の先生が来て、構造の検査を受けています。

吹付断熱

硬質ウレタンフォームの特性を生かし水を使って発砲させます。
人にも地球にも優しい素材です。

STEP5

建具

階段やカウンターなど建具の施工をします。

フローリング

ワックス要らずで、傷に強いフロア材です。

サイディング

ナノ親水マイクロガード仕様で、雨水が表面に付着した汚れを洗い流し、防藻・防カビ機能もあり、色褪せにも強い高耐候品です。

内装

クロス貼りや設備機器の設置をします。

クリーニング

家全体をキレイに磨きます。

完成検査

第三者機関より検査員の先生が来て、完成検査を受けています。

完成・引渡し

完成まで約4ヵ月。つづきは見学会でご覧ください。