みなさん子供の日には五月人形を飾りましたか?


私の家の五月人形は、子供のころにおじいさまに贈って頂いた藤堂高虎公のものです。


藤堂高虎といえば、加藤清正、黒田孝高にならび築城の名手として有名な武将です。生涯に手掛けた城は20を超えるとも言われております。


また、主を何度もかえたことでも有名であり、現代の悪しき風潮から否定的に言われることも多いのですが、徳川家康から「国に大事があるときは、高虎を一番手とせよ」とまで言わしめた真の実力者でもあります。


ご家庭の人形の武将について調べてみると、贈って頂いた方の想いや、意外にも自分の人生に影響を与えていたりして興味深いですよ。


くしくも、現場監督を生業とし、実力主義を信条に日々精進する山本でした。





私たちホームアシストでは、
完成現場見学会ママトークサロンなど、
いろいろなイベントを開催しております。
お気軽にお問合せ下さい!