A.白を基調とした玄関は、光沢のあるフロアタイルが高級感を醸し出している。光庭の四方に窓を設け、室内に明るさを最大限にとり込んだ。
B.奥行きのある玄関ポーチ。東面の壁に等間隔の隙間を空けて明るさを確保すると同時に、シンプルな設えにアクセント的な効果をもたらしている。

いつも仲間が集まる楽しい住まいを夢見てマイホームを計画したOさん。大勢のゲストを招くため、LDKを可能な限り広くしたいと希望。 しかし、1階に大空間を設けるのは構造的に難しいため、LDKは2階に設け、1階には個室を配置することに。 「プランニングの際には何度も『ホームアシスト』さんに図面を提案してもらい、計画を綿密に練りました。その甲斐あって百点満点の住まいが叶い、大満足です」とご夫妻は語る。

E.27.5畳のLDKは、大人数のゲストを招いても余裕の広さを誇る大空間。右手奥には光庭が見える。ソファに座ると、横長の高窓から山景色や空模様が眺められる。

実現したのは、27.5畳もの広さの大空間LDK。 南面のバルコニーはリビングと床の高さを揃え、掃き出し窓も全開口型を設置。 窓を開け放てばLDK空間がさらに外へと広がり、いっそう開放感を満喫できる。 バルコニーの腰壁の高さは、子供の安全性や周囲の視線を考慮の上で高めに設定。 窓の配置も工夫したことで、周囲の視線を気にせずゆったりと寛げる。 また、建物の内部に「光庭」を設け、十分な明るさを確保。 2階からも光庭に出られるように格子状の床材を張ったことで、子どもの遊び場にも利用できるし、洗濯物を干すこともできる。 さらに、LDKを常にすっきりと美しく保つため、リビングの隣にキッズルームを設置。 子どもが部屋におもちゃを拡げて、思う存分に遊べるようにした。 その他、水廻りを一列に配置して機能的な動線を確保。 玄関の土間収納やウォークインクローゼットなど、収納も適材適所に設けてある。

No tags for this post.