A. 白壁にナチュラルな木目の色が美しい、フレンチスタイルの外観になっています。
白壁にナチュラルな木目の色が美しい、フレンチスタイルの外観になっています。

長い間社宅で暮らしていたT様ご一家。特に不便はなかったようですが、「いつかは戸建てに住みたいなぁと思って、少しずつ準備を始めました」と奥様は仰います。 そして、ご婦人それぞれが得意な方法で情報収集を開始したそうです。「私はママ友たちが既に建てた家を見せてもらい、雑誌を中心に好きな家、建てたい家の資料を集めました。 それを主人に伝えると、インターネットでさらに詳しく調べてくれる…という連携プレーです」。 ご夫婦の家に対する価値観やイメージにぶれがなく、コンセプトがしっかりしていたのも見習いたい点です。 「まず予算が最優先。家計に無理のない範囲で建てようと。家のイメージは、和モダンかフレンチで統一したいということになり、 コストをセーブできるフレンチスタイルに決めました」。

B.シンプルな外観にアーチ、バルコニー、ウッドデッキでほどよいボリューム感を演出しています。
C.実際の面積より広く感じるリビング。壁をアーチ形にくり抜き、空間を上手に仕切っています。

ホームアシストとT様との出会いは、T様のお知り合いの方からの紹介です。 「既に家を建てた方からお話を聞き、予算内で収まって、要望にも柔軟に対応してくれたというので、お願いしてみようかと」。 この時点で、もう家の設計は概ね決まっていたそうです。 「市販の設計ソフトを使って自分たちであれこれ考えました。ピアノはここに置いて、家事動線はこんなふうに…と、具体的な間取りを考えるのは楽しい作業でした」。 労を厭わず多くの資料を集め、間取りや素材の知識を蓄えたお二人だからこそなせる技でしょう。家本体はホームアシストの標準仕様を基本にしていますが、 ドアや照明、窓枠のアイアンなど、インターネットで探して取り寄せたものも多くあります。 「ここはこれに変えたいとお願いすると、営業の方も現場監督の方も快く対応してくれました。何でも気軽に相談できる雰囲気がよかったです。」 工事中は、奥様が毎日朝と夕方現場に通ってくださいました。 「自分たちの家がどんなふうにできていくのか、やっぱり気になるじゃないですか。最初から最後まで一人の大工さんが担当してくれたこともあり、 すっかり仲良しになって素材や工程も詳しく教えてもらいました」。特に家の印象を決める玄関やリビングのアーチのカーブは、現場で納得がいくまで調整をしました。 「大工さんにはしつこいと思われたかもしれませんが(笑)、おかげですべて満足のいく家が出来ました。家づくりは限られた期間の中で決めていくことが多くて大変ですが、 夫婦のチームワークで乗り切ればきっとうまくいくと思います」。

No tags for this post.