富士市 産業の象徴 煙突林立

おはようございます。サポーターの遠藤です。今朝の静岡新聞にこんな記事がありました。

皆様は、富士山が世界遺産に指定された事は、すでにご存じだと思います。

しかし、世界遺産富士山を仰ぐ景観をめぐり、県内自治体が頭を悩ませているそうです。

田子の浦港に面した富士市の「富士の国田子の浦みなと公園」に、奈良時代の歌人山部赤人が富士山の絶景を読んだ

万葉歌碑があります。

この公園から霊峰を望むと、我が富士市に林立する煙突が視界に入り、景観を損ねています。

富士市にある煙突の数、皆さんご存知でしょうか?実は2013年3月現在、高さ20メートル以上の煙突は69本あります。

1991年には、156本ありました。かなり少なくなったとは思いますが。

富士市のある意味象徴、煙突が富士山の景観を損ねている事実。皆様はどう思いますか?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Top