耐震不足住宅の解体助成

おはようございます。

お客様サポーター眞鍋です。

県は2017年度から、耐震性の不足する住宅や建築物を取り壊す際の工事費用を一部助成する事業に乗り出す。県独自の住宅耐震化プロジェクト「TOKAI(東海・倒壊)-0」の一環で、建て替えの促進につなげる狙い。対象は旧耐震基準1981年5月31日以前に建てられた木造住宅。補助率はいずれも工事費の23%で上限は住宅は82万2千円。

寝室や居間など、住宅の一部に限った耐震補強への助成も新たに行う。補助率3分の1で上限は25万。65歳以上の高齢者だけで構成される世帯、または避難行動要支援者名簿に記載された人がいる世帯が対象だそうです。

補助金が出るのはとても良い事ですね。

 

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Top