新奥泉水力発電所 中電が工事着手

おはようございます。

お客様サポーター眞鍋です。

中部電力は静岡市葵区井川で建設を予定している小規模水力発電所「新奥泉水力発電所」の工事に着手したと発表しました。ダム下流の河川環境や景観を保つための放流水を利用した維持流量発電所で、最大出力は290㌗。年間発電量は一般家庭350世帯分の使用量に相当する約110万㌗時を想定しているそうです。

住宅では太陽光が現在メインですが、これからは風力も出てきます。地球温暖化防止のため再生可能エネルギーがどんどん普及するのは良い事ですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Top