木造住宅耐震 補助金最大30万増額

おはようございます。

お客様サポーター眞鍋です。

県は1月から、県内35市町のうち31市町について、木造住宅の耐震補強工事に対する補助額を拡充しました。

耐震補強のPRに協力することを条件に、1戸当たり15万円を上乗せする。任意で追加拡充する市町分を加えると、従来の補助額から最大30万円の上乗せになる。熊本地震を踏まえた耐震化促進の時限的な措置で、期間は2018年3月まで。工事期間中に耐震補強工事のPR看板を外部から見える場所に設置することが必須。

①工事期間中に見学会を実施

②工事完了後に見学会を実施

③所有者などが耐震補強に至った経緯を文章にまとめ、工事完了後の住宅の写真とともに提出する。

①②③の中から1つ以上

プロジェクト「TOUKAI(東海・倒壊)-0(ゼロ)」の一環で旧耐震基準下の1981年5月31日以前に建てられ、耐震診断で評点が1.0未満だった木造住宅が対象になる。(静岡新聞抜粋)

補助金はとてもありがたいですね。気になるお客様は気軽にお問合せ下さい。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Top