自治体の売電 入札?

おはようございます。お客様サポーター眞鍋です。

水力や太陽光などの発電所による公営の電気事業を運営する自治体のうち、買弁方法を大手電力との随時契約から、競争入札に切り替えるところがでているそうです。

なんと九電では年間約48億円の増収が見込まれるそうです。

早く住宅用太陽光の売電価格も高く買ってくれるようになればいいですね。

ただ以前ブログに書かせて頂いたようにこれからは電気代が上がっていく事が予想されますし、これから太陽光の設置を考えられている方は売電価格が下がってしまいます。

やはりこれからは蓄電池を使用して電気を買わない自給自足がこれからの主流になってきますね。

皆さんも住宅の電力事情を注視して下さいね。

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Top