ゼロエネ住宅政府が普及策

おはようございますサポーターの遠藤です。今週末28日(土)29日(日)富士宮市で完成見学会を開催致しますので、是非皆様御来場頂ければと思います。スタッフ一同お待ちしております。

さて今朝の新聞からの記事です。政府は26日の官民対話で、基本的な光熱費が実質的にかからなくなる「ゼロエネルギーハウス」(ZEH)」の普及策を打ち出す。家庭や企業が節電して浮かせた電力を電力会社などに売れる「ネガワット取引市場」の2017年までの創設も掲げる。新たなビジネスを進めやすくし。、企業の省エネ分野での設備投資を後押しする。ZEHは、効率的な照明や冷房を使うなどの省エネに加え、太陽光発電や燃料電池などでエネルギーをつくり、実質的な光熱費をゼロにする。ただ、初期費用の高さが普及の課題となっている。政府はZEHを住宅の評価項目に加えるなどとして資産価値を高め、20年にハウスメーカーなどの新築一戸建ての5割以上をZEHにすることを目指す。ネガワット取引市場の創設に向けては、16年度中に取引のルールをつくる。参加する家庭や企業は、契約締結時に電気の一定の基準を設定。実際の使用料が基準を下回った分を売り、上回ったら足りない分を割高な料金で買うといった仕組みを想定している。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Top