千葉の火力発電 関電が買い取り

おはようございますサポーターの遠藤です。けさの新聞記事です。関西電力は、千葉県市原市にある火力発電所(出力11万キロワット)を買い取った。関電が首都圏に発電所を持ったのは初めて。電力販売の自由化を受け、大市場での競争で生き残るには、出来るだけ早く自ら発電所を持つことが必要と判断した。関電が買い取ったのは、Jパワーと三井造船が共同出資して2004年営業運転を始めた液化天然ガス発電所。関電は東燃ゼネラル石油と100万キロワット級の石炭火力発電所を市原市に建てる計画を進めています。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Top