2045年までに再生可能エネルギー100%達成を目指すハワイ州。

サポーターの清水です。台風の影響でしょうか、天気予報を見ると本日も20度越え、静岡県西部では28度の予想です。5月だからと言って気を抜かないでくださいね。十分、水分補給を行ってください。

今回は皆さんの大好きなハワイです。私は一度も行った事がありませんが、ハワイ州が今どの様な取り組みに動いているのか、についてです。

ハワイの電源構成は日本の離島と同じように石油火力が主体ですね。2012年の時点で石油が7割以上を占めてるそうです。石炭も15%。化石燃料が9割近くに達する現在の日本と変わらない状況、大きな違いは再生可能エネルギーの発電量が急速に伸びている点です。発電量全体の再生可能エネルギーの比率が2012年13.7%から2013年に一気に18.0%まで拡大、特に風力と太陽光による発電量が大幅に増えているそうです。

ハワイが再生可能エネルギーの拡大に積極的に取り組むのは、地球温暖化対策のほかに州特有の理由が2つあるそうです。1つは自動車を含めて燃料の主力になっている石油が輸入に頼らざるを得ないために、州の生活と経済が石油の価格と調達量に大きく左右されてしまっている。もう1つの理由は電気料金が非常に高いことで、米国本土と比べて3倍以上の水準になっている。2014年の時点で電力1kWh(キロワット時)あたりの平均価格は34セント。1ドル=120円で換算すると40円を超え、日本の家庭向けの28円を大幅に上回っています。

そこで再生可能エネルギーを導入することで、企業も家庭も電気料金を削減することが可能になる。ただ、太陽光や風力などの再生可能エネルギーが増えると、天候による出力の変動によって電力の供給が不安定になってしまう点が懸念される。日本でも九州などの離島で問題が生じ始めているそうです。この点でもハワイ州は世界で最先端の技術を開発・導入している。日本の日立製作所などが参画して「スマートグリッド実証事業」が2013年12月に始まっている。

ハワイはアメリカ50州ある中で先頭を切り2045年までに再生可能エネルギー100%達成目標にしています。現地の方とお話しする機会のある方、コミニュケーションのトークに使ってみてください。

日本もハワイ州を見習っていきたいですね。

 

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Top