2016年電力自由化で電気代安くなる?

サポーターの清水です。

来春から電力の小売りが全面自由化される。どう して自由化することになったのか?私たちの電気料金は今よりも安くなるのか?皆さんに解りやすい対談方式の記事を見つけたのでご覧ください。

電 力販売が全面自由化されると聞きました。

Nさん   「東京に住んでいる人なら、電気は東京電力、都市ガスは 東京ガスからしか買えませんでした。政府は、2016年4月から電気、翌17年からは都市ガスの小売りを自由化します。鉄道に例えると従来、 送電線という線路を使えたのは基本的にその地域の電力会社の電車だけでしたが、今後は電力会社に限らず、どの会社の電車も走れるようにしま す」

Iさん   「電気に関しては、第1段階として今年4月1日に電力広 域的運営推進機関という組織ができました。各地でつくった電気を別の地域に運びやすくするための行司役を担います。第2段階が来年の電気の小 売り自由化です。電力会社は現在、発電部門と電気を届ける送配電部門、小売部門の3つの部門で成り立っているのですが、そのうち送配電部門を 20年に分離します。ガス会社も、パイプライン担当部門をガス製造や販売部門と分離する『導管分離』を22年に終わらせます」

 な ぜ、自由化することになったのですか。

Nさん   「政府が掲げる目標は3つあります。安定供給の実現と料 金の抑制、さらに消費者の選択肢の拡大や新規参入者の事業機会の拡大です。1地域1電力会社という現在の体制は1951年に始まりました。大 量の電気を必要とした戦後の高度成長期には、地域独占を認める代わりに、各社が責任をもってその地域に電力を安定供給させる使命を与えた方が 効率的だったのです」

Iさん   「ただ、低成長時代に入り、地域独占だと電力会社にコス ト削減努力も生まれず電気代が割高だという不満が買い手に出てきました。さらに2011年の東日本大震災では、首都圏が電力不足に陥りました が、他地域から電気を融通できないという問題が起きます。全国どこでも電気が送れる仕組みにすべきだとの議論の高まりも自由化を後押ししまし た」

 自 由化で今後、どんな変化が起こりそうですか。

Nさん   「地域や業種の壁がなくなります。電力会社間の地域を越 えた競争やガス会社が電気も販売するなどエネルギー業界の垣根を越えた競争、さらに異業種からの参入もあるでしょう。関西電力は東燃ゼネラル 石油と組み東京湾岸で発電所の建設を検討しています。東京ガスは、電気とガスをセット販売する予定です。新規参入を目指し、経済産業省に登録 した事業者は今年4月時点で600を超えています。携帯電話会社や住宅メーカーなどが新規参入に動いています」

 Iさん  「買い手開拓のため、売り方も変わってきます。ライフス タイルに合わせた、よりきめ細かい料金設定はもちろん、携帯電話を契約したら電気料金を割り引くサービスが付くかもしれません。太陽光発電パ ネル付き住宅を販売し、自宅で発電した電気で不足した分は住宅メーカーが供給することも考えられます。『他社より割高ですが、太陽光など 100%再生可能エネルギーで賄っています』という売り方もあり得るでしょう」

 実 際に私たちの電気料金は安くなりそうですか。

 Nさん  「必ずしも安くなるとは断言できません。英国では、自由 化したものの競争がうまく起こらず、逆に料金が上がってしまいました。成功のポイントは競争を促すための環境整備です。送電線を誰もが安く使 えるよう行司役となる電力広域的運営推進機関の役割が重要になります。また、経産省は地域をまたいだ競争後押しのため、東日本と西日本の間の 送電能力を20年代後半までに今の120万キロワットから300万キロワットに増やす方針です。東西間では電気の周波数が異なり、融通し合う には変換する必要があるのですが、東日本大震災の際は、この能力が足りず首都圏で電力不足となりました」

Iさん  「競争の地域格差を避けることも課題です。東京や大阪と いった大消費地では参入が増えるでしょうが、人口減少に悩む地方では競争が進まず、大都市に比べて割高な料金になるかもしれません。全国あま ねく競争が起きるよう知恵を働かせることが必要です」

シャープの太陽光部門の責任者の方も同じ事を言っています。

「2016年に始まる電力の小売全面自由化では、電力の小売価格が当初は下がるだろう。だが、先行している海外諸国の事例を見ると、その後、価格が再び上昇していくことが多い。日本市場もそのようになると予測している。そのとき役立つのが、自家消費用途で電力を生み出す太陽光発電システムであり、需要が下がることはない」(シャープ エネルギーシステムソリューション事業本部ソーラーシステム事業部副事業部長兼商品企画部長を務める五角博純氏)。

別々の記事の共通点は、電力自由化が始まると小売り価格が一時(期間は不確定)上昇し、その後は徐々に値下がりするとの見解です。そこで生活が厳しくになる家と、そうでない家が出てきますね。この電気代の上昇を回避をする事が大事です!電気代も上がり、2017年4月には上がると言われている消費税10%、Wパンチで家計に襲い掛かります!思い返してください。消費税5%から8%になった時の家計への圧迫を。節電へのストレスが無く光熱費を安定して保つ方法をしっかりと理解して頂ければ、家計への圧迫も最小限で食い止める事ができる事と思います。  清水 寛則

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Top