富士市、横浜市と再生エネ導入へ協定!

おはようございます。サポーターの遠藤です。けさの新聞の記事です。分散型エネルギーの普及に取り組む富士市は27日、再生可能エネルギーの導入など効率的な利用に取り組む横浜市と基本協定を締結しました。富士市は2014年度から、地元製紙工場などのインフラを生かし、市内でのエネルギー活用と電源の拡大に向け始動します。プロジェクトは中小製紙工場を結ぶ熱導管を整え核となる工場に天然ガスコージェネレーション(熱電併給)を導入し、エリア内で電力を融通する仕組み。余剰電力は市内に供給するとの事です。このため、10年度から34の企業と再生可能エネルギーの導入を実践し、エネルギー循環都市の実現を各地で進める関東経済産業局の「スマートシティー」の第1号に認定された横浜市と協力体制を取ることとなりました。~静岡新聞より~                                            来年2016年4月、電力の自由化が始まります。皆様は今、電力の自由化に向けてどの様にお考えですか?ご質問等ございましたら遠慮なくお聞かせ下さいね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Top