感震ブレーカー設置を

政府は8日、全国の木造住宅の密集地域で住宅を建てる際に、地震の揺れを検知して電気を自動的に遮断、火災を防ぐ「感震ブレーカー」の設置を、建て主側に要請することを決めた。。首都直下地震や南海トラフ巨大地震が想定される地域を中心に普及を進め、震災後の出火原因の多くを占める「電気火災」を減らす狙いだ。

対象地域は、国土交通省の定める「地震時等に著しく危険な密集市街地」(17都府県、計5745㌶)とする方向で調整している。

静岡県は対象地域に入っていない。

~~~~静岡新聞より~~~~

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Top