優良田園住宅の建設促進へ

三島市はこのほど、水辺や農地など自然に恵まれた環境に建設する優良田園住宅を促進するための基本方針を県内自治体で初めて策定した。敷地面積や建ぺい率など一定の条件をクリアすれば、本来開発行為ができない市街化調整区域での宅地造成が可能になる。

地権者と合意に達した地域もあり、早ければ本年度中に計画を定め、来年度中にも造成が始まる見込みで、県が進める「内陸フロンティアを拓く取組」に位置付けられた事業の一つ。

優良田園住宅の条件は一戸建てで、敷地面積は300平方㍍以上、建ぺい率30%以下、容積率50%以下とだそうです。

自然と一緒に暮らしたい方は良いかもしれませんね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Top