「ピーコック革命」ご存知ですか?

私も知りませんでしたが、朝日新聞に面白い記事がありましたのでご紹介させて頂きます。

ピーコック革命とは、

「男性もピーコック(オスのクジャク)のように、もっと色彩豊かな装いを楽しもう」という動きで、1967年に米国のディヒター博士が提唱し、総合化学繊維メーカー、デュポンが推進しました。

デュポンによるポリエステルとウールの合繊素材は、洗濯が簡単で発色に優れていました。

今で言う量販店が広がって、大量消費時代が本格化する時期であり、カラーシャツが爆発的に売れました。これを機にメンズファッションのカジュアル化が進んだことを言うそうです。

家にも一軒一軒違いますし、色々な色があっても良いと思います。

ただ一生に一回だからといって月々の支払が大変だと困りますよね。なので無理のない計画をしっかりと考える「ライフプラン」をされることをお勧めします。

 

 

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Top