よくあるご質問

売電価格は年々下がりますか?

一度電力会社と契約をすれば、決まった期間は下がりません。


売電価格は10kW未満なら10年間、10kW以上なら20年間は下がりません。
ですので、価格が高いときに電力会社と契約したほうがお得だと一般的には言われています。
売電価格の推移 現在(2014年8月)は売電価格が10kW未満は37円(税込)、10kW以上が34.56円(税込)ですが、来年以降、また少し下がるかもしれません。

申請、許可の手続きには時間がかかります。時間的な余裕をみて計画してください。

平均的な一戸建て住宅に設置した場合、年間売電益はどのくらいですか?

様々な状況がございますので、一概には言えません。
屋根の形状や地域の年間日射量と設備容量・売電価格・電力会社との契約内容・環境・影の有無など、様々な条件によって変わってきます。 効率の良い発電所の建設には、様々な知識、実績、ノウハウが必要となります。お気軽にご相談ください。 また、「お客様の売電実績」を掲載しております。こちらもご参考にしてください。

売電価格の負担はだれがしているのですか?

電気を使う国民全員が支払って成り立っています。
電力会社が売っている電気の値段より、買い取る価格の方が高く設定されているため、電力会社から見れば、売電されるほど損をするしくみになっていると思われるかもしれません。 しかしそうではなく、知らない方も多いかもしれませんが、実際はこの損失を負担しているのは電気を利用している国民全員です。 太陽光発電の利用の有無に関わらず「再エネ発電賦課金等」という名目で普通の電気利用料金に上乗せされて負担しています。 また、この金額は太陽光発電が普及するにつれて、上がるだろうということが予想されています。

再エネ発電賦課金等 再エネ発電賦課金等

停電時に非常用電源として利用することはできますか?

太陽光パネルで発電できる状況で、且つ発電施設に不具合が無い場合はパワーコンディショナを「独立運転」に切り替えていただければ家庭用の電源としてご利用いただけます。

太陽光パネルの発電量は経年劣化しますか?

経年劣化はどのメーカーのモジュールも避けられません。
しかし、弊社取り扱いのモジュールは、様々な厳しい試験を行っています。 発電品質チェックのためにPID検査を実施し、品質チェックと安定した製品供給を実現しています。

太陽光パネルは掃除などのメンテナンスが必要ですか?

太陽光パネルは通常屋外に設置されます。ですから塵や埃などでパネル表面のガラス部分は汚れていきます。 しかし、通常の降雨で大半が流れ落ちますので掃除などのメンテナンスの必要はほとんどありません。

くもりや雨の日、雪の日は発電しますか?

くもりや雨の日、雪の日でも太陽が出ている限り発電します。
しかし、くもりの日は晴れの日の3分の1から10分の1、雨の日は5分の1から20分の1程度の発電量となります。 雪の日も雨の日同様発電量は少なく、雪が積もればほとんど発電しません。

太陽光発電の売電収入には税金がかかりますか?

住宅用太陽光発電の売電収入は「雑所得」とみなされ、給与所得者の場合、給与以外の所得が年間20万円以下なら確定申告の必要はありません。
太陽光発電の売電収入では、売電収入から必要経費を除いた金額が雑所得とみなされ課税対象となります。 ここでいう必要経費とはもちろんシステム価格のことです。 しかし太陽光システムは何年もかけて使うものですので、いきなり全額を必要経費として計算する事はできません。 そして太陽光発電システムの場合17年と税金の計算上は規定されていますので、17で割って年間の必要経費を計算する必要があります。 (1÷17=0.059ですので実際の計算の際は0.059を掛けます。) そしてもう1つ、あくまで売電収入を得ている割合のみ、必要経費としてみなすことができます。 発電した分の半分を売電にまわせているという事であればシステム価格の半分を必要経費として計算する事ができます。 つまり必要経費はシステム価格に0.059を掛け、さらに売電割合を掛けて計算します。

【計算例】
10.26kW 400万円(税込) 年間発電量12,406kWh 売電量12,406kWh の場合。

売電収入=12,406kWh×37.8円=468,941円
雑所得=売電収入-必要経費
必要経費=システム価格×減価償却率×売電収入割合
減価償却率=0.059
売電収入割合=12,406÷12,406=1.00
必要経費=400万円×0.059×1.00=236,000円

雑所得=468,941円-236,000円=232,941円

この想定の場合、雑所得が20万以上なので確定申告の必要があります。

太陽光発電設置に適した屋根の方向と角度はありますか?

太陽電池モジュールは南向きで、角度は30度という条件が最もパフォーマンスを発揮できます。

太陽光発電設置に適した屋根の方向 南を100%とした場合、南東・南西で約96%、東・西で約85%です。北向きはさらに効率が落ちてしまいますので、設置はお勧めしていません。


PAGE TOP


  • 現場見学
  • ご来店予約サービス
  • リフォーム専用サイトへ
  • 社長ブログ
  • 営業ブログ
  • 設計&工務ブログ
  • スタッフ紹介
  • キッズスペース&授乳室
【営業時間】月-日(9:00-17:00)
【休業日】年中無休
株式会社 ホームアシスト
〒417 - 0056 静岡県富士市日乃出町117-3
「Mama.e(ママヘ)サイト」
お問い合せ・資料請求
営業エリア/静岡県
富士市、富士宮市、三島市、沼津市、静岡市などを中心に静岡県内中部・東部に対応しております。
西は藤枝市、東部は御殿場市西部まで。
Copyright © homeassist Co.,Ltd. All rights reserved.【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】