教えて!やすゆきお兄さん♪

子供の笑顔を第一に考えて、同じ子育て世代の立場からみなさんを応援します。

*

ビルダーにとって”出来ていて当たり前”なこと

   

こんにちは!清水です。

 

今回は前回の続き、「発送電分離」のご説明から、住宅に必要なエネルギーについてお話します。

前回簡単に紹介しましたが、2020年に始まる「発送電分離」とは、既存の10電力会社が作ってきた鉄塔などの送電網・電線を、国が介入して既存の電力会社を発電会社と送電会社に分離するという法律です。現在、たくさんの新電力会社が誕生していますが、新電力会社は旧電力会社の送電線を介して、家庭や会社などに安い電力を提案しています。彼らが低価格で電気を供給できるのは、社員の数、原子力発電という高額な維持費がかかる発電所を所持することなく、ほとんどを再生可能エネルギーで賄っているからです。この新電力会社も旧電力会社も統一された送電価格であれば、さらなる自由競争が生まれます。しかし、現在は、旧電力会社の「いじめ」に近い独占価格を強要されています。送電網を旧電力会社から分離することのメリットは計り知れないのです。

国内の水道管はすでに対応年数を越えて老朽化が問題視されています。この水道管のメンテナンスには、各自治体の税金が投入されています。しかしながら、地方疲弊により、その工事代金もままなりません。ここにも一般企業の競争原理の導入を国は考えています。県境を越えたガス会社の参入は、旧電力会社には脅威でしかありません。ガスから電気、電気からガスへの自由競争こそがエネルギー価格の安定につながるのです。

高騰する電気料金で、最も値上がったのは「時間帯別料金」、いわゆる深夜電力の高騰が目立ちます。果たして、深夜電力を利用したエコキュートは本当にお得なのかという理論です。東京電力管内では、ガスを利用したハイブリッド・ガス発電が最近導入量を増やしています。住宅に必要なエネルギーを勉強することや、利用する電力会社の商品・価格を把握してることは、もはやビルダーにとって”出来ていて当たり前なこと”だといえるでしょう。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

01
家族でたっぷり話し合いお互いの思いを確認しよう!
資金計画
資金計画①(予算編)
141
住宅会社の選び方 ~「いい会社」の見極めポイント~
補助金
「ZEH」導入時に気になる「補助金」の考え方
img
私達にはあり得ない『お金を掛けて素晴らしい家に!でも家族でのいい思い出は一つもない!!』
zeisei_02-03
「ZEH」「BELS」住宅を波及する意義とは
gatag-00011129
資金計画②(お金の知識編)
pen
家づくりをはじめる時に考える10のチェックポイント~家族会議➀~
HOYE_2016_logo
ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー優秀賞を受賞いたしました!
02
住宅についてしっかり情報収集~5つの方法とその特徴~