教えて!やすゆきお兄さん♪

子供の笑顔を第一に考えて、同じ子育て世代の立場からみなさんを応援します。

*

電気や電気料金の考え方について

   

皆さんこんにちは!清水です。

 

今回は、電気や電気料金の考え方についてお話しします。

電気料金を考える時、度々「グリッド・パリティ」という言葉がでてきます。

「グリッド・パリティ」とは、再生可能エネルギーの設置費用から算出する電気料金が、一般電力会社から購入する電気料金と同等か、それより安価になる点をいいます。

グリッド・パリティ

2016年には、ほとんどの電力会社がこのグリッド・パリティに達して、その後逆転しました。電気は「買うより創って溜めて自家消費する」することができる家づくりが、未来の勝ち組の思考回路です。

再生可能エネルギー賦課金は、東京電力管内では1,000円に近づく勢いです。サウジアラビアを始めとする、OPEC加盟国やロシアまで石油減産に合意しました。当然のごとく、日本は火力発電の依存量が高い国ですから、資源の高騰が電気料金の高騰につながります。4人家族で月に12,000円だった光熱費が15,000円に、そして20,000円になるとも言われています。それは、住宅ローンの返済金額に予期せぬ追加支払いになることは、言うまでもありません。

2017年4月から始まったガス自由化と2019年問題を見据えて、10kw以下の設置が多い住宅用太陽光発電は、2019年に10年満期を迎える顧客が増発することが予想されます。さて、その後の買い取り価格はどうなるのでしょうか?皆さんは返答できますか?

考えられる適正回答は、日本卸電力取引所(JEPX)の電力の卸価格をベースに、「それ以上で買い取る」という顧客にとって有利な「新電力会社」と新たなる再契約の道があるでしょう。また、2020年に始まる「発送電分離」という、既存の10電力会社が作ってきた鉄塔などの送電網、電線を国が介入して既存の電力会社を発電会社と送電会社に分離するという法律の施行です。

 

今回はここまで。

次回はこの続きをもっと詳しくお話します。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

静岡に住むプロが考える家づくり
静岡に住むプロが考える家づくりとは
img
私達にはあり得ない『お金を掛けて素晴らしい家に!でも家族でのいい思い出は一つもない!!』
141
住宅会社の選び方 ~「いい会社」の見極めポイント~
pen
家づくりをはじめる時に考える10のチェックポイント~家族会議➀~
zeisei_02-03
「ZEH」「BELS」住宅を波及する意義とは
152
住宅会社の選び方 4種類のタイプと特徴
【BELSプレート(再)】エコワークス・ゼロエネルギー住宅(日本ERI)_01
新しい基準で一歩進んだ省エネ性能が求められる時代への突入
119
土地の探し方
家にまつわるコトバ
家の工法を決める
mansyon
間取りを考える