太陽光・蓄電池・HEMSについて

これからの家づくりはエネルギーを上手に利用することが重要視されてきます。
「太陽光発電で売電収入」というのは今ではあたりまえに聞いたことあるかもしれませんが、
ここではそれよりもエネルギーを賢く利用でき、「光熱費0の家」を目指す、最新のシステムをご紹介します。



☆2020年に向けての新しい住宅基準「ZEH」ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)
年間消費エネルギー量より住宅で創るエネルギー量の方が多い、もしくは正味(ネット)ゼロになる住宅のことです。
日本では2020年までにZEH住宅の標準化を目指しています。
これからはZEH対応住宅がすべての新築住宅の省エネ基準となります。





太陽光モジュール搭載で「創エネ」

➤HEMS・蓄電池の拡張を前提としたスマートハウス対応型太陽光発電システム

ホームアシストでは、日本の実績No.1である「ウエストホールディングス」と提携し、新しい世界基準を全てクリアした、世界最高品質のPVシステムを提供します。 限られたスペースを最大限に有効活用するために、高品質・高出力・高変換効率の太陽電池モジュールを採用。 厳しい品質基準をクリアし、安定した品質の製品だから安心してお使いください。 基本の発電能力にこだわり、発電効率の良い単結晶シリコンを採用。 国内最高レベルの16.5%を達成した高変換効率の太陽電池モジュールです。 公称最大出力270Wの高出力とともに、豊富な発電量を実現します。




➤各種認証マークを獲得し、世界基準の品質で安心を担保

ウエストは、ドイツの第三者機関TÜV SÜD(テュフズード)と業務提携を結んでいて、太陽光発電システムの品質に関する長期信頼性が認められています。 世界品質の厳密なチェック体制と日本で数多くの太陽光を扱ってきたウエストのノウハウが融合して高水準の保守・管理サービスを提供します。




➤日本の検査機関で1枚1枚チェックし、長期の発電量と安心をご提供

ウエストプレミアムソーラーのモジュールは、温度85度・湿度85%・ガラス表面の水張りの環境下に168時間処理した後にPID発生確認検査を行う世界基準をクリアしたPIDフリー製品です。 さらにウエストでは、独自に国内検査機関に抜き取り検査を依頼し、品質の確認を行っています。

PID検査は長期間の発電量を確保するために重要な検査です。 発電品質チェックのために、日本の検査機関(株式会社Chemitox(ケミトックス)で1枚1枚PID検査を実施し、品質チェックと安定した製品供給を実現しています。



➤太陽光設置実例

これまでホームアシストがサポートし、太陽光を設置されたお客様の実例と売電実績の一部をご紹介致します。

大容量蓄電池で「蓄エネ」

➤リチウムイオン蓄電システム室内設置型スタンドアロンタイプ

蓄電池と太陽光発電との連携システムを組み合わせることで、日中の売電量をアップさせることができます。 最大蓄電容量5kWh、リチウムイオン蓄電システム室内設置型スタンドアロンタイプ(PLJ-SF50AK)




➤ダブル発電にならない、高い価格の余剰売電で、限りなく全量売電を実現!

蓄電池にためた深夜電力を日中に使用して、余剰電力を増やすことを「押上効果」と呼びます。この押上効果のある太陽光発電をダブル発電と言います。 ダブル発電では発電単価が6円もマイナスになってしまいます。
ホームアシストでは、通常設置されている住宅用分電盤の他にもう一つの分電盤を設置。 増設した「重要負荷専用分電盤」に、リビングやキッチンなど日中よく使用するエリアの機器を接続し、蓄電池から一方通行で電気を送ります。 蓄電池の電気が逆潮しないのでダブル発電にはならず、太陽光発電システムが作った電気のほとんどを余剰売電価格で売電できます。


太陽光発電だけの場合、日中発電した電気の中で余った電気を売電収入にすることができますが、
電気を多く使う夜間や朝方に使用する電気は、実は電力会社から購入しています



Assist Hybrid Brain Systemでは、深夜の安い料金時間帯に電気を蓄電池で貯めて、日中は蓄電池で貯めた電力を利用します!
そのため押し上げ効果が期待でき、発電した電気をほとんど売電にまわすことができます!




➤万一の非常時に備えた自給自足の“停電しない家”を実現

ハイブリッドブレインシステムは、停電を検知すると、あらかじめ設定された居室へ電気が自動で供給されるので、接続している家電製品は普段と同じように使えます。 もちろん照明などコンセントを使用しない電気機器への供給も可能です。 電柱などの送電網が切断された場合でも、HEMS制御盤を通して、太陽光が発電した電気を蓄電池に充電することができます。 昼間に太陽光発電された電気を蓄電池に確保できるので、長期にわたる停電にも有効です。



クラウド型HEMSの導入で賢く「省エネ」

➤HEMSによるエネルギーの見える化で、ZEH対応型スマートハウスを実現

2016年の電力自由化、2017年はガス自由化により、光熱費の大きな変動が予想されています。 この市場の変化に対応したHEMS制御盤型コントローラーは、これまでの「電力量の見える化」だけではなく、 家庭内の電力使用量、太陽光発電量、蓄電池の使用量、さらにはガス・水道の使用量まで「見える化」し、 エネルギーを上手にコントロールすることでZEHに対応したスマートハウスを実現します。 蓄電池を利用し、平常時と停電時それぞれに電気を供給させる先を設定し、停電時に自動的に設定した機器に電気を供給します。 また、太陽光で発電した電気を蓄電池に充電できるので、長時間に渡る停電にも有効です。






「これからの家づくり」がわかる マンガ冊子資料プレゼント!

「ZEH」、「余剰売電収入」、「ダブル発電」など・・・。何も知らずに今家を建てると5年後、後悔します! これからの時代に取り残されないために・・・「ZEH」や「Assist Hybrid Brain System」についてわかりやすく書かれたマンガ冊子資料を無料プレゼントいたします。 皆さまお気軽にお問い合わせ、資料請求ください。




メールアドレス

間違っていると返信できませんのでご注意ください。

「これからの家づくり」がわかる マンガ冊子資料プレゼント
お客様情報
お名前(※)   例)富士 太郎  
よみがな   例)ふじ たろう  
郵便番号   例)〒417 - 0056  
ご住所(※)   例)富士市日乃出町117-3  
ビル・マンション名   例)ホームアシストビル001  
電話番号   例)0545-53-1468  
Eメールアドレス(※)
Eメールアドレス(確認用)(※)
その他
ご意見・ご感想等ございましたら
ご記入ください。


PAGE TOP

【営業時間】月-日(9:00-17:00)
【休業日】年中無休
株式会社 ホームアシスト
〒417 - 0056 静岡県富士市日乃出町117-3
「Mama.e(ママヘ)サイト」
お問い合せ・資料請求
営業エリア/静岡県
富士市、富士宮市、三島市、沼津市、静岡市などを中心に静岡県内中部・東部に対応しております。
西は藤枝市、東部は御殿場市西部まで。
Copyright © homeassist Co.,Ltd. All rights reserved.【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】